お知らせ

news
  1. 熊本県立大学 環境共生学部ホーム
  2. お知らせ
  3. 松添教授の「栗園における収穫・運搬用ロボット開発」が農林水産省「スマート農業技術の開発・実証・実装プロジェクト」に採択されました

松添教授の「栗園における収穫・運搬用ロボット開発」が農林水産省「スマート農業技術の開発・実証・実装プロジェクト」に採択されました

 環境資源学専攻の松添教授は、スマート農業技術を活用した中山間地域における農業・農村振興の研究を行っています。今回、研究課題「栗園における労働軽減のための収穫・運搬ロボットの開発」が農林水産省「スマート農業技術の開発・実証・実装プロジェクト」に採択されました。松添教授が研究代表者となり、熊本高等専門学校、県内企業や生産団体等との共同で実施します。

 農林水産省は、令和3年度補正予算「スマート農業技術の開発・実証・実装プロジェクト」における「戦略的スマート農業技術等の開発・改良」により、生産現場のスマート化を加速するために必要な農業技術の開発及び改良等を推進しています。https://www.naro.go.jp/laboratory/brain/smart-nogyo/r3_hosei_shinsakekka.pdf

【研究の背景】
 栗は、中山間地の地域経済を支える重要作物ですが、機械化が進んでいません。また、栗の従事者は、高齢化や減少が現実化しており、作業の省力化・軽労化は栗の産地維持にとって急務です。中でも、終日樹園地を回り、地面に落下したイガ果から屈んで果実を拾い出すという、栗特有の収穫作業は辛いもので、省力化・機械化が求められています。熊本県は栗の生産量全国2位(全国割合約14%)であるため、本研究の実用化が期待されます。

図 栗園でのロボットの自律走行のイメージ

【研究の目標】 
 栗園における収穫・運搬の無人化・軽労化、労働時間の削減、並びに農業機械の電気化の推進を目的とした完全自律型の収穫・運搬ロボットの開発です。開発するロボットの特徴は、
〇収穫・運搬はGPS機能や人の関与が不要な自律型ロボットである
〇自動で動き回り、作業性が飛躍的に向上し、収穫時間が短縮できる
〇収穫した栗やイガは指定した場所に運搬できる
〇緩やかな傾斜地や凸凹の地面を安定的に走行できる(2㎞/h:ゆっくり歩く程度)
〇イガ付・イガ無し、大きさ・形に関係なく、すべての栗の品種に対応できる 等です。


【研究期間/予算】
〇令和4年度~6年度/約1億円程度(予定)

【研究組織】
〇研究代表者:松添直隆教授(環境共生学部環境資源学専攻植物資源学研究室)
〇研究分担機関:熊本高等専門学校、㈱末松電子製作所、(公財)地方経済総合研究所
〇協力機関(普及・実用化支援機関):山江村未来塾100人委員会やまえ栗ブランド部会、山江村役場、JAたまな
〇助言及び情報提供:熊本県農林水産部

【参考】
〇スマート農業:ロボット・AI・IoT等の先端技術を活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現する等を実現する新たな農業のことです(https://www.naro.go.jp/smart-nogyo/)
〇松添(植物資源学)研究室ホームページ(https://shokubutsushigen.wixsite.com/prlab)